blog筑後川新聞

blogで筑後川流域の最新情報発信中!
●筑後川新聞(paper版)は隔月、年間6回25,000部発行。流域関係自治体、協力企業、筑後川流域連携倶楽部会員等へお届けしています。
NPO法人筑後川流域連携倶楽部会員を募集中です。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記までお問合せをお願いします。
●発行元:NPO法人 筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
<< 4月16日から久留米大学での公開講座「筑後川流域講座2018」前期開講! | main | 5月3日予告!「遊覧船による有明海潮干狩り」 >>
5月20日より「筑後川大学2018」開講のお知らせ
0

    あなたも筑後川のものしり博士になりませんか!
     ●2018年5月より(市民向け公開講座)
    「筑後川大学2018」が開講します。
    2018年度テーマ
    [筑後川に学ぶ]

     筑後川大学は今年12年目を迎えます!拍手
    筑後川大学1月講義風景
    2018年5月より「筑後川大学2018」を開講します。この講座は、一般市民の方々を対象として筑後川の魅力を伝えるとともに地域や川への関心を深め、流域の環境について考えていただくきっかけとなることを目的としています。この講座はどなたでも参加できます.お誘い合わせのうえぜひご参加下さい。
    この講座は「筑後川まるごと博物館」運営委員会認定の芸員養成講座も兼ねています。
    筑後川まるごと博物館運営委員会は筑後川流域の環境改善と地域の活性化をめざして多様な活動を行っており、当博物館の学芸員認定を受ければ(受講回数などの条件有り、希望者のみ)その活動に参加できます。今までの学芸員認定者は現在14期60人です。
    ●「筑後川まるごと博物館」の受賞暦:
    2006年5月 第8回日本水大賞で厚生労働大臣賞を受賞
    2011年3月 
    第3回ふくおか地域づくり活動賞でグランプリ
                      (福岡県知事賞)を受賞

    1.会場:

    今年は第1回、第5回、第10回の3回筑後川防災施設くるめウス」で実施します。
    〒839‐0865久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
    (問合せ)TEL:0942‐45‐5042 FAX:0942‐45‐5043 

    あとは、久留米大学で4回、各地の出前講座を3回、計10回となります。

    今までと違いますのでご注意ください。 

    6.7.11.12月 久留米大学(0942-43-4411)

    8月 日田・亀山亭ホテル

    10月 大川・風浪宮

    1月 調整中

    ※( )内は電話番号

    2.開講日時:2018年5月〜2019年2月
           (毎月1回の開催)

    3.受講料:無料
    (筑後川の概要をまとめたオリジナルの教科書(有料)があります。)
    4.講座日程:年間10回の講座です。
    当日の受講は各会場に直接おいで下さい。
    変わることもありますので、事前に一度お問い合わせください。
     [※講師名で( )書きは現在調整中です。]

    (1)5/20(日)古賀邦雄(古賀河川図書館)

      「下筌ダムと蜂の巣城、闘争から60筑後川防災施設くるめウス14:00〜15:30 

    (2)6/25(月)鍋田康成(筑後川まるごと博物館事務局長)

      「昭和28年筑後川大水害から65年」久留米大学500号館1階 511教室18:30〜20:00

    (3)7/16(月)篠倉大樹(久留米大学非常勤講師比較文化研究所)

       「近世の筑後川の洪水の実態と被害に関する地理学的考察」久留米大学511教室18:30

    (4)8/25(土)船橋昇治(国土交通省筑後川河川事務所所長)

       (調整中筑後川流域の治水・利水の今昔」<日田出前講座>亀山亭ホテル13:45

    (5)9/22(土))(調整中)鍋田康成(筑後川まるごと博物館事務局長)

     「筑後川の概要と歴史・恵みと課題」筑後川防災施設くるめウス14:00〜15:30

    (6)10/21(日)阿曇史久(風浪宮宮司)

     「筑後川下流域と風浪宮の歴史(古代〜中世)」<大川出前講座>風浪宮(大川市)14:00〜15:30

    (7)11/12(月)松田光司(久留米大学法学部准教授)

     「集中豪雨における被災地復興支援久留米大学500号館1階 511教室18:30〜20:00

    (8)12/ 3(月)藤谷岳(久留米大学経済学部文化経済学科准教授)

     「筑後川ブランドについて久留米大学500号館1階 511教室18:30〜20:00

    (9)1/13(日)(調整中)

     「(調整中)<出前講座>(調整中)14:00〜15:30

    (10)2/23()(調整中) 筑後川シンポジウム パネルディスカッション

     「筑後川大学講座を振り返ってくるめウス140016:00

    ※講座日程、内容は変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。
    ※途中で現地学習会を催すことがありますが、その場合は別途ご案内いたします。
    ※当博物館では、同時に久留米大学公開講座「筑後川流域社会経済論機も大学と共同して開講しています。
    こちらへの参加も可能です。
    案内書は「くるめウス」にあります。

    (前期4/167/23、後期9/241/7原則毎月曜 久留米大学500号館 51A教室にて16:40〜18:10、)
    ※お問い合わせは「筑後川まるごと博物館運営委員会」までお願いします。
    5.講座運営:
    筑後川まるごと博物館運営委員会
    〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202
    Tel:(0942)21-9311 Fax:(0942)21-9311
    Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
    ホームページ:http://ccrn.jp/ 
     CCRN-blog: http://blog.ccrn.jp/ 
     blog筑後川新聞 :http://news.ccrn.jp/

    6.主催:一般社団法人 北部九州河川利用協会(5,8,9,10,1,2月の講座)

           久留米大学経済社会研究所(6,7,11,12月の講座) 

      共催:筑後川まるごと博物館運営委員会(全部の講座)

       ⇒ホームページhttp://ccrn.jp/   ブログ筑後川新聞http://news.ccrn.jp/

      後援:国土交通省 筑後川河川事務所

          NPO法人筑後川流域連携倶楽部
    7.申込書:
    次の受講希望の日程に○印を付け送付してください。
    ●FAX送信先→ 0942-45-5043 くるめウスまで
    ア、 5月  イ、6月  ウ、7月   エ、8月  オ、9月  カ、10月 
    キ、11月  ク、12月  ケ、1月  コ、2月  

    お名前:          住 所:〒
    所属: 
    TEL:                FAX:       
    Eめーる:
    ●案内チラシはこちら↓ 筑後川防災施設くるめウスにあります
    3、筑後川大学2018
    ★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川まるごとリバーパーク・
    よかばい!ちっご川流域めぐり」

    ★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

                   こちらをクリック
    筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

    facebookロゴ148

    facebookで最新情報発信中!

     ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

    twitterで最新情報発信中。
    twitter
    こちらをクリック→kourasan

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    | news-ccrn | 講座、講習会 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://news.ccrn.jp/trackback/1105924
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 親子で実験、不思議な石けんの力を探る(ちくご川キッズ探検隊)
      下津浦潔子 (12/26)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 筑後川はどこにある?
    + でんき予報
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE