blog筑後川新聞

blogで筑後川流域の最新情報発信中!
●筑後川新聞(paper版)は隔月、年間6回25,000部発行。流域関係自治体、協力企業、筑後川流域連携倶楽部会員等へお届けしています。
NPO法人筑後川流域連携倶楽部会員を募集中です。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記までお問合せをお願いします。
●発行元:NPO法人 筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
<< 11月25日(日)予告・鳥栖市で「昭和28年筑後川大水害を伝える会、大水害写真展」 | main | (実施報告)第32回筑後川フェスティバルin日田 開催「筑後川の水と森と命を守る」 >>
9月23日開催報告・うきは市で「昭和28年筑後川大水害を伝える会、大水害写真展」
0

    昭和28年筑後川大水害から65年!流域内巡回写真展・証言発表会

    うきは市で「筑後川大水害を伝える会」開催

    うきは市の水害体験者が 次々と証言発表されました

    2018年9月23日うきは市

     昭和28年の筑後川大水害から65年、その記憶を後世に語り伝えようと、「筑後川大水害を伝える会」が9月23日にうきは市生涯学習センターで開催されました。会場には約50人の参加者が集まり、熱気あふれる会となりました。大水害の体験者による証言発表会や、当時の水害写真のスライド映写による聞き語り解説、そしてまぼろしのレコード「災害派遣の歌」も流されて、会場の人々は水害への備えを新たにしました。また同時に、子どもたちのための「ぼうさい体験教室」も行われ、ぬりえやクイズラリーなどに夢中になっていました。体験者による証言発表会では事前の募集に応じた方々が次々と体験談を発表され、また、会場からは飛び入りでの証言も行われ、参加者は初めて聞く話に耳を傾けていました。また、当時の水害写真展も9月20〜24日の期間に行われ、水害体験者など多数が来場され、当時の様子を口々に語っておられました。この写真展や伝える会は筑後川防災施設くるめウスが平成 年に開館して以来、毎年開催しているもので一昨年から久留米市以外の筑後川流域に出向いて行っています。(鍋田康成:筑後川まるごと博物館運営委員会事務局長)

    うきは大水害を伝える会報告

    ★筑後川を調べる時」にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時」にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓
    こちらをクリック
    「筑後川まるごとリバーパーク・
    よかばい!ちっご川流域めぐり」

    ★筑後川流域の川の情報、イベント情報」はコチラ

                   こちらをクリック
    筑後川流域・川の駅・川の情報ネット

    facebookロゴ148

    facebookで最新情報発信中!

     ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館

    twitterで最新情報発信中。
    twitter
    こちらをクリック→kourasan

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    | news-ccrn | 防災、災害復旧、被災地支援 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://news.ccrn.jp/trackback/1105958
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 親子で実験、不思議な石けんの力を探る(ちくご川キッズ探検隊)
      下津浦潔子 (12/26)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 筑後川はどこにある?
    + でんき予報
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE