blog筑後川新聞

blogで筑後川流域の最新情報発信中!
●筑後川新聞(paper版)は隔月、年間6回25,000部発行。流域関係自治体、協力企業、筑後川流域連携倶楽部会員等へお届けしています。
NPO法人筑後川流域連携倶楽部会員を募集中です。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記までお問合せをお願いします。
●発行元:NPO法人 筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
<< 「ハゼ並木」の有機野菜入りだご汁。 | main | 久留米の冬を彩るイルミネーション輝く >>
久留米で有明海の旬の味を楽しめる店。
0
    2006年12月5日 久留米市蛍川町
     有明海の珍しい魚貝類の料理を楽しみました。場所は久留米市内蛍川町の通町との交差点近く 「有明海料理いちず」というお店です。ご主人は毎朝、柳川の魚市場まで買出しに行かれるとのこと。この日は有明海産の魚や貝柱、イソギンチャクの天ぷら、また筑後川の山太郎カニなど珍しい料理をおいしく食べました。もちろんその外の、有明海独特の魚介類も盛りだくさんです。ここでは、地域通貨カッパマネーが使えます。
    (記事、写真:nbt)
    有明海の魚介料理、魚、貝柱、イソギンチャクの天ぷらなど
    有明海の魚介料理
    珍しいイソギンチャクの天ぷら(えびの上に乗っている)
    isoginntyaku
    山太郎ガニ
    山太郎ガニ
    | news-ccrn | 地産地消、うまいもの | 11:21 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://news.ccrn.jp/trackback/321576
    有明海沿岸道路 県内工事スタート 「佐賀‐福富」区間で起工式
    九州・沖縄情報
    | 九州・沖縄情報 | 2007/02/17 7:02 AM |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 親子で実験、不思議な石けんの力を探る(ちくご川キッズ探検隊)
      下津浦潔子 (12/26)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 筑後川はどこにある?
    + でんき予報
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE