blog筑後川新聞

blogで筑後川流域の最新情報発信中!
●筑後川新聞(paper版)は隔月、年間6回25,000部発行。流域関係自治体、協力企業、筑後川流域連携倶楽部会員等へお届けしています。
NPO法人筑後川流域連携倶楽部会員を募集中です。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記までお問合せをお願いします。
●発行元:NPO法人 筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
<< 環境フェア in くるめ | main | 高良川でこどもたちが水質調査 >>
矢部川紀行(連載1)
0
    矢部川上流域 
     矢部川は福岡県南の南筑後を流れる県内第三位の河川である。釈迦ヶ岳や三国山が連なる大分、熊本県境の矢部の山塊一帯を源とし、日向神峡谷から黒木町の奥八女の山間部を西流、八女市と立花町に至って南筑後平野に出る。星野川や辺春川などの支流を合わせ、花宗川や沖の端川などを分派し、蛇行しながら南筑後平野を潤し、柳川市を経て有明海に注ぐ。矢部川は源から河口まで61kmと短く、急流で保水能力が低く、他方有明海干拓などによる増大する水需要への対応など先人たちは治水、利水に心血を注ぎ、水を大事にする水文化を育んだ。この矢部川紀行では水源地帯の矢部川上流域と星野川流域、山間部から奔流した急流から平野の川に移る中流域、有明海の潮汐の影響を受ける下流域の4流域に分けて矢部川の自然、歴史、文化、魅力を案内する。

    矢部川上流域
     矢部村から黒木町および立花町にかかる山間部が上流域である。
    釈迦ヶ岳や三国山などの山々に囲まれた水源地日向神渓谷と日向神湖周辺に広がる矢部村は釈迦御前岳のブナ群落や日向神湖畔の千本桜、八つ滝など豊かな自然に恵まれている。また日本書紀にも登場する八女津媛(八女の地名の由来)を祭る八女津媛神社、南北朝時代懐良親王の後の征西将軍であった良成親王の陵墓や都から随身した公卿五条家など南朝武士団が駆け抜けた歴史のロマンに彩られた里である。
     日向神湖から下ると狭い谷あいが続き、黒木の町に入り盆地が開け、さらに下ると対岸は立花町にかかる。日向神湖下のグリーンパル日向神峡や山中渓谷の紅葉、支流笠原川の上流の奇岩に囲まれた「八女茶発祥の地」霊巌寺の景観も見逃せない。また矢部川独特の利水システムである廻水路も上流域の貴重な生きた歴史遺産である。矢部川は久留米藩、柳川藩の藩境になり御境川とも呼ばれたが、両藩は矢部川からの取水に苦心し、多くの堰と水路を築き、自藩の水路の水は自藩の堰の上に落とし、自藩の水(自領水と言う)を究極まで確保する仕組み(廻水路という)をつくり上げた。有馬藩は花巡り廻水路、馬渡廻水路、黒木廻水路、惣川内廻水路を経て花宗川へ水を引き、立花藩は三ヶ名廻水路、込野廻水路、唐の瀬廻水路、柳川用水路を経て柳川城下のために沖の端川に水を引いた。両藩の堰と廻水路づくりは1600年代から延々200年に亘って続いたが、今も往時の姿のまま務めを果たしている。また黒木町は鎌倉時代から天正12年猫尾城の落城まで黒木氏の城下町であったが、筑紫、田中、有馬の歴代国主の豊後別格往環道の整備にともなって市が立ち、江戸時代を通じて久留米藩領の在方町(農村地域における商工業の中心地)として繁栄した。民俗学者の柳田國男も印象を書き残しているが、古い居蔵造りの酒蔵や醤油蔵などが今も町に彩りを添えている。黒木大藤を観賞し、黒木堰や廻水路、南仙橋と回り、白壁の町なみを散策するのもお勧めである。
    筑後川新聞第53号掲載(2008.06.05)
    (記事、写真:矢部川をつなぐ会事務局長・大隈正登)
    矢部川流域地図
    矢部川地図600
    矢部川上流域のの回水路
    矢部川回水路地図

    | news-ccrn | 矢部川紀行 | 02:36 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/12 4:00 PM |









    http://news.ccrn.jp/trackback/963645
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 親子で実験、不思議な石けんの力を探る(ちくご川キッズ探検隊)
      下津浦潔子 (12/26)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 筑後川はどこにある?
    + でんき予報
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE