blog筑後川新聞

blogで筑後川流域の最新情報発信中!
●筑後川新聞(paper版)は隔月、年間6回25,000部発行。流域関係自治体、協力企業、筑後川流域連携倶楽部会員等へお届けしています。
NPO法人筑後川流域連携倶楽部会員を募集中です。
●広告掲載も受け付けています。お申込みは下記までお問合せをお願いします。
●発行元:NPO法人 筑後川流域連携倶楽部
TEL:0942-33-2121 FAX:0942-33-2125
<< 筑後川なんでも発見団・流域の歴史を知ろう6「江戸時代その2」 | main | 筑後川新聞57号発行 >>
矢部川紀行(連載5)
0
    矢部川流域の伝統的祭り 
     矢部川流域は古く、多彩な歴史に彩られた地域である。その面影は今も各地に残る多くの伝統的祭りに息づいている。この度は矢部川流域の伝統的祭りを紹介して矢部川紀行の最後を飾ることにした。各地の祭りを実際に見ていただいて、この地域の歴史と文化を実感いただければ幸いです。

    1.大杣公園祭(矢部村 10/8)
     南北朝時代(1336年)、南朝再興を目指して九州を転戦した後征西将軍良成親王の御霊を慰める行事。 命日とされる10月8日に、村民たちが同公園内にある御陵墓前に集まり、公卿唄を奉唄し、雅楽に合わせて「浦安の舞」を奉納。
    2.八女津媛神社浮流(矢部村 11月)
     5年に一度氏子によって行われる。矢部祭りで矢部村の子供たちが披露。
    3.風流はんや舞(星野村 麻生神社 9月)
     麻生神社(麻生池)に伝わる舞楽。大池の水神崇拝の晴雨祈願・風止めの祭りとして遠く弥生時代を起源と伝えられる。
    4.田代の風流(黒木町 八龍神社 12/8)
     化粧をした男衆などが沿道を八龍神社まで練り歩く。
    5.五条家御旗祭り(黒木町 9/23)
     南朝方懐良親王に随った五条家に伝わる「金烏の御旗、五条家文書」などを披露
    6.松尾弁財天風流(立花町 4/5)
    7.滝の宮春秋の大祭(八女市上陽町 3/28、10/28)
     納又滝のそばにある滝宮不動尊は縁結びの神様として崇拝される。
    8.万灯流し(八女市上陽町 8/16)
    9.童男山ふすべ(八女市山内 1/17)
     徐福がこの地で亡くなったという故事に由来し、徐福の霊を慰める祀り。
    10.灯篭人形(八女市福島 9月秋分の日の前後3日)
    11.土橋八幡宮神幸行事(八女市福島 10/17)
    12.岩崎の子ども川まつり(八女市 7月上旬)
     山ノ井川沿いでは五穀豊穣と水難よけを願って川まつりが行われますが、岩崎の川まつりは子供たちが主体で行う
    13.久富盆綱引き(筑後市久富 熊野神社 8/14)
     目蓮尊者が地獄に堕ちた母を綱で引き揚げたという伝えにならった行事。地区の小学生たちが全身にススを塗り、地獄の釜番に扮して大綱を担いで練り歩く
    14.熊野神社鬼の修正会(筑後市熊野 1/5)
    15.水田天満宮稚児風流(筑後市 8/25)
    16.幸若舞(みやま市瀬高町 大江天満宮 1/20)
     幸若舞は五穀豊穣を願い奉納される日本最古の舞楽で、大江の幸若舞は今に伝在する唯一の幸若舞
    17.ドンキャンキャン(みやま市瀬高広田 八幡神社 11/3)
     芳司広田八幡宮と本郷聖母宮間の送迎の御神幸行事、行列の鉦太鼓の音から名がついた。
    18.大人形(みやま市瀬高町 上庄八坂神社 7/24、25)
    19.粥占い御試祭(みやま市高田町 江浦八幡神社 2/15)
     粥に発生したカビの色や形状からその年の気象や農作物の作柄を予測
    20.海津御田植祭(みやま市高田海津北阿蘇田)
    21.沖端水天宮(柳川市沖の端 5/3〜5)
     水天宮の春の大祭、舟舞台が掘割を移動しながら囃子や芝居を奉納し子供を水難から守る
    22.中島祇園祭り(柳川市中島 八剣神社 7月第4土曜日)
     踊り子を乗せた踊り山や獅子山、武者行列で賑わう
    23.沖の石太鼓祭り(柳川市 柳川橋横川下り水路 2年に一度)
     柳川藩の出陣の時に打ち鳴らされた沖の石太鼓
    24.三柱神社秋の大祭(柳川市 三柱神社 10月上旬)
     京都祇園祭の山鉾を模した「どろつくどん」と呼ばれる山車が町内を練り歩く。
    25.風浪宮大祭流鏑馬(大川市 風浪宮 2/9〜11)
     風浪宮は志賀島神社と同じ安曇氏を宮司とし、有明海の海洋民族の根拠地で、大陸文化の導入や農業や工業興産の基を築き、古来より風浪の難を守護する社として崇拝された。久留米高良大社や水天宮とともに筑後地方の三大祭りの一つ。
    26.風浪宮裸ん行(風浪宮 2/8)
    27.沖詣り海神祭(風浪宮 5月 旧暦4/1)
     筑後川河口沖合に舟行し、汐の干上がった潟上に祭壇を設け、降臨された風浪宮の御祭神を祀る行事

    これでこの連載は終了します。筑後川新聞第57号掲載(2009.02.05)
    (記事、写真:矢部川をつなぐ会事務局長・大隈正登)

    ●人気blogランキング(九州)に登録中。あなたの1日1クリックでランクがあがるかも?

    ここをクリック!→→
    人気

    | news-ccrn | 矢部川紀行 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://news.ccrn.jp/trackback/983411
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 親子で実験、不思議な石けんの力を探る(ちくご川キッズ探検隊)
      下津浦潔子 (12/26)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 筑後川はどこにある?
    + でんき予報
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE